お金を借りる時の一番の注意点とは、しっかりとした返済計画を持っているということです。テレビCMなどでも、お金借りる際には返済計画を持ちましょうと流れていますが、実際に、しっかりとした返済計画をもって借入している人はほとんどいないのが現実です。それでは、しっかりとした返済計画とはどのようなものでしょうか。
それは、具体的に、いつ完済できるのかということです。これがないままに借入してしまうと、いつ終わるともしれない返済を長々と続けることになります。長期返済をすると、金利分の支払いのみで、借入残高が全く減少しないというケースが良くあります。特に、無担保の高金利商品の場合にはほとんどそうなります。利払い部分が大きいため、元本が減ることは少ないのです。多重債務者の多くが、このトリックにかかっているのです。
お金を借りる際には、いかに利息を払わないように返済するかが大切で、そのためには、なるべく短期間に返済する必要があります。短期間で返済することで、利払い分は少なくなります。よく、借金は雪だるま方式で増えると言われますが、このことはまさに、短期間返済の逆で、高い金利で借りたお金を長期返済すると利息分が増えることになるのです。従って、お金を借りる際の注意点としては、いつ完済できるのかがポイントとなるのです。
また、短期間で返済するためには、繰り上げ返済がポイントとなります。しっかりとした返済計画には、まとまった資金が当てにできない限り、この繰り上げ返済することが注意点となります。お金を借りる際には、繰り上げ返済を実施してなるべく短期間で完済するということが重要であり、従って、しっかりとした返済計画が一番の注意点となります。

Comments are closed.