日本では、ケミカルな白髪染めだと頭皮に負担がかかるということで、自然のハーブを利用した白髪染めが流行っています。
ここ数年で、人気が高まっているのが、ヘナによる白髪染めです。
ヘナは、インドの伝承医学であるアーユルヴェーダでも有名で、昔から健康と美容のために使われていました。
ヘナを使った白髪染めは、肌に優しいだけでなく、トリートメント効果も期待できるため、日本でも多くの人が利用しているのです。
ヘナには、オレンジ色の色素が含まれており、この色素がタンパク質に付着して、髪の毛に色が付くのです。
頭皮をクレンジングすることもできるので、とても便利です。
皮脂を取り過ぎることがなく、汚れを取り除くことができるため、定期的にヘナのパックを行っている人も少なくありません。
最近は、100%の純粋ヘナに混ぜ物をして販売しているメーカーもあるので、注意が必要です。
髪と頭皮のためには、100%天然の製品を選ぶことが大事です。
白髪を染めるのは、とても簡単です。
ぬるま湯をヘナに少しずつ加えながら混ぜていき、ペースト状にします。
滑らかなケチャップくらいの柔らかさになったら、乾いた髪の毛にヘナを塗っていきます。
ハケを使って、白髪が目立つ根元を中心に、たっぷりとペーストを塗っていきます。
後は、全体に塗り、ラップで包み、シャワーキャップをかぶって1時間くらい置きます。
人によっては、濃く染めるために数時間放置する人もいます。
放置時間が長いほど、よく染まります。
時間がきたら、洗い流してドライヤーで乾かせば完了です。

Comments are closed.